• ホーム
  • 唇にできたヘルペスの治療は何科で受けることができるのか

唇にできたヘルペスの治療は何科で受けることができるのか

薬を飲んでいる男性

ヘルペスに感染してしまった恐れがあるとき、どのような病院を受診すれば良いのか判断出来ずに困ってしまう人は少なくありません。性器に症状があらわれた場合は泌尿器科や産婦人科、性病科などに行けば良いので、判断に迷うことが少ないですが、唇などに症状があらわれた場合はどの病院に行くべきか、たしかに判断が難しいものです。口唇ヘルペスの場合、診察を受けることが出来る病院はひとつの種類だけではありません。口腔外科や皮膚科、小児科などを選択することが出来ますので、何科に行くべきか迷ったときには、症状や感染者によって何科を受診するか決めると良いでしょう。

口腔内に症状があるのであれば口腔外科がいちばん良いと思う人もいるかもしれませんが、皮膚科でも同じように診察してもらうことが可能です。皮膚科であれば、もし性器ヘルペスを併発している場合も診察してもらうことが出来ますので、唇以外にも症状がある場合は皮膚科を受診することが良いと言えます。口内にしか症状がないというのであれば、初めから口腔外科を選択しても良いでしょう。口内や唇だけに症状があらわれているという場合は、どちらの病院を選択しても治療内容などに変わりがありませんので、自分が通院しやすいと思う病院を選択すると良いです。

子供が感染した場合は、口腔外科や皮膚科以外に、小児科で診察してもらうことも出来ます。なかには、皮膚科や口腔外科などの専門的な科でなければ正しく診察してもらうことが出来ないと思っている人もいるかもしれませんが、小児科の先生であってもヘルペスについての知識をしっかりと持っているのです。もちろん、適切な処置を行ってもらうことが出来ますから、子供が通院するのであれば小児科を選ぶほうが良いと言えるでしょう。年齢にもよりますが子供が受診するのであれば小児科のほうが子供にとっても安心感があるので、怖い思いをすることなく病院に通うことが出来るはずです。

唇や口内に腫れが出来たり痛みが生じたり、水ぶくれや赤いブツブツが出来てしまった場合は、ヘルペスウイルスに感染している可能性が非常に高いと言えます。性器に症状がある性器ヘルペスの場合と違って、何科を受診するべきなのか迷ってしまう人は少なくありませんが、口腔外科か皮膚科のいずれかであれば、確実に診察や治療を行ってもらうことが出来るでしょう。子供の場合は小児科でも診察を受けることが出来ますので、感染している恐れのある人の症状や年齢に応じて通う病院を選択すると良いです。本当に治療してもらうことが出来るのか不安な場合は、病院に電話して症状を伝えると診察出来るかどうか判断してもらうことが出来ますので、遠い病院に行って診察してもらえなかったらどうしようなどと不安に思っている人は事前に確認するのも良いでしょう。

唇が腫れてしまってヘルペスに感染している恐れがあるのであれば、一刻も早く病院で治療を受けたほうが良いと言えます。どの病院に行くべきか迷って、なかなか受診しなければ症状を悪化させてしまうことにもつながるので、ヘルペスに感染してしまった場合はどのような病院を利用することが出来るのか、あらかじめ知っておくと、いざというときに焦ることもないでしょう。治療開始が遅くなってしまうと、口の中に激しい痛みを生じるようになってしまい、食事を摂ることが困難になったり唾や飲み物を飲み込むことすら難しくなったりすることもあります。そこまで悪化してしまうと、とても苦しい思いをすることになるので、ヘルペスに感染している恐れがある場合は口腔外科か皮膚科、小児科を受診するようにして、早く治療が開始出来るようにしましょう。