• ホーム
  • 即効性に優れたヘルペス治療薬ビロビルの飲み方

即効性に優れたヘルペス治療薬ビロビルの飲み方

薬を飲む男性

ヘルペスの治療薬にはいくつかの種類がありますが、ビロビルと呼ばれる治療薬は即効性のある薬として有名であり、病院で処方されることも多いと言えます。このビロビルはファムビルと呼ばれるもののジェネリック医薬品であり、ファムビルは日本でも2008年に認可されている単純ヘルペスウイルスに効果的な医薬品だと言えるのです。ヘルペスは細菌感染症に用いるような抗生物質が効かないウイルスによる病気なので、このウイルスに効果的に作用する成分がファムビルやビロビルには含まれていると言えます。ウイルスの細胞に直接的に医薬品が働きかけるので、ウイルスの増殖を抑えて症状を緩和することが可能です。

ファムビルにはファムシクロビルと呼ばれる成分が主成分として含まれていますが、ジェネリック医薬品であるビロビルにもファムシクロビルが含まれているので、同じような効果を期待することが出来ます。ジェネリック医薬品は安く手に入れることが出来ますが、同等の効果が認められている治療薬なので、著しく効果が薄いなどと言うことはあり得ず、先発薬であるファムビルと同等の作用や効果を期待することが可能です。ビロビルを利用する場合は、飲み方をしっかりと確認しておくようにしましょう。

ビロビルの服用は食前と食後のどちらでも構わないとされており、食後の服用を推奨しているサイトなどもありますが、臨床試験の結果によるとどちらも効果に違いはないとされています。食前に飲むか食後に飲むかは関係ありませんが、必ず起きてから就寝するまでの時間を3等分したペースで服用しなければなりません。短い間隔でビロビルを服用してしまうと、副作用が出やすくなってしまうので、適切な間隔で服用することが出来るように気をつけておきましょう。

ビロビルの服用期間は、単純ヘルペスウイルスに感染しているときで5日間、帯状疱疹の症状があらわれているときは1週間の服用だとされています。帯状疱疹のほうが強い症状なので、それだけ飲み薬もたくさん飲むことになってしまいますが、単純疱疹の場合に同じようにたくさん飲み薬を服用すると、副作用を起こしてしまう可能性もあるので注意してください。服用量や服用期間は医師の指示に従うようにすれば間違いありませんので、処方されたときにしっかりと説明を聞いておくようにしましょう。

ビロビルは即効性のある治療薬のひとつであり、1回1錠、1日3回を守って服用すれば帯状疱疹の場合でも1週間で症状を抑えることが出来ます。ヘルペスの症状が長期的に続いてしまうと、口内の痛みで食事が摂れなかったり膀胱の痛みで排尿が困難になったりするので、一刻も早い改善が求められるものです。感染症の治療薬のなかには、服用方法が理解しづらいものもありますが、ビロビルの場合は1回1錠を、1日3回飲めば良いという簡単なものなので、誰でも間違えることなく服用することが出来るでしょう。

どのような治療薬に対しても言えることではありますが、用法用量を守らなければ、しっかりとした効果を得ることが出来なくなってしまったり、副作用が起こりやすくなってしまうこともあるので注意が必要だと言えます。もしも副作用が生じた場合は直ちに使用を中断して、医療機関で医師に診察してもらうようにしてください。仮にこの治療薬が利用出来ないとしても、他にもヘルペスに効果的な治療薬は存在していますので、副作用があるのにヘルペスを治したいからと無理に継続して服用することはやめましょう。副作用があるにも関わらず服用を続けると症状が悪化してしまうかもしれませんので、その点には注意して服用するようにすることが大切だと言えます。