• ホーム
  • ヘルペスは適切に治療することで完治できる?

ヘルペスは適切に治療することで完治できる?

悩んでいる男性

感染症として有名なヘルペスは、なかなか治らないことでも知られています。なかなか治療を終わらせることが出来ないとなると、この病気は完治出来るだろうかと疑問に思う人もいるかもしれませんが、今のところ、この病気の完治は難しいと言われているのです。他の感染症にも再発があるものはありますが、ヘルペスは特に再発を繰り返す病気だと言うことが出来るでしょう。完治することは難しいですが、再発抑制療法を取り入れることで、症状があらわれないように抑制することが出来ますので、もし感染してしまった場合は、そのような方法で治療を進めて行くようにしなければなりません。

ヘルペスは適切な治療法を行っていたとしても、完全に治しきることは難しいものだと言えます。効果的にウイルスの活動を抑制する医薬品などはありますが、これらを用いてもウイルスを根絶することは出来ず、あくまでもウイルスの活動を抑えることしか出来ません。これによって、症状が無くなって完治したかのように思う人もいるかもしれませんが、たとえ症状があらわれなくなっていたとしても、現代の医学でヘルペスウイルスを完全に排除することは不可能です。リンパ節などに潜伏しているウイルスが、妊娠や免疫力の低下などをきっかけとして再活性化されてもおかしくないと言えます。妊娠や免疫力の低下で再発してしまうのであれば、やはり完治出来る病気だとは言うことが出来ないでしょう。

再発を繰り返すヘルペスは、それを防止するような治療法を行っていかなければなりません。症状を繰り返すことがないようにするために、ヘルペスの治療では再発抑制療法が行われますが、これはまず1年間継続して抗ウイルス薬の服用を行うというものです。効果のある抗ウイルス薬を服用し続ければ、完全にとは言えませんが、症状が再発することをかなり高い確率で防ぐことが出来ます。1年間、毎日薬を服用しつづけることは大変に思えるかもしれませんが、これによって再発を抑制することが出来ますので、その後も続けるかどうかは医師と相談してから決めるというケースが多いです。

再発抑制療法には副作用も存在しており、下痢や腹痛、頭痛や吐き気が起こることがあります。それ以外にも腎臓に影響を与える場合もあるので、高齢者や腎臓疾患の治療を受けている場合などは、医師と相談する必要があるでしょう。副作用が起こるかどうかは個人差があるので、絶対にあるわけではありませんが、毎日服用するとなると副作用が起きるリスクは高まりますので、あらかじめどのような症状を引き起こす可能性があるのか確認しておくと良いです。

残念ながら、きちんと治療を続けていてもヘルペスウイルスを根絶することは不可能です。ウイルスを根絶することが出来ないということは、長期にわたって治療を続けていかなければならないわけですから、一度ヘルペスになってしまったら、その覚悟をしておかなければならないでしょう。ただし、再発抑制療法を行って毎日薬を服用しつづければ、再発する可能性を下げることが出来ます。完全に治したり絶対に再発を防いだりすることは困難ですが、療法を工夫することによって症状を緩和することは出来るでしょう。

この病気は完治することが難しいですが、完治出来ないからという理由で放置して良いわけではありません。適切な治療を行うことで症状を緩和することは可能ですので、感染の恐れがあるときは医療機関を受診したり検査を受けたりして、一刻も早く薬の服用を開始することが出来るようにしてください。そうすることによって、治療開始が遅くなったときよりも症状の緩和を早く実現することが出来ます。